「サモン&ドラゴン」と「まど☆マギオン」と「リリカリオン」

同人カードゲーム「サモン&ドラゴン」「まど☆マギオン」「リリカリオン」のオフィシャルページです

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コードオブプリンセス「ボードゲーム」レビュー

今回は、ゲームマーケットで購入したゲームのレビューです。
最初は「コードオブプリンセス」です。
このゲームは、3DSのアクションゲーム「コードオブプリンセス」をゲーム化したものです。
3DSのゲームは遊んだことがないのですが、ガーディアンヒーローズのようなハチャメチャなアクションゲームだと聞いています。

コードオブプリンセス

●コンポーネント
箱の中には、大型の得点ボード、これは各点数処理の手順やラウンドをも表示されています。
説明書と、各種カード、表示用のコマがいくつか入っています。おまけに3DSの説明書風宣伝も入ってました。
特徴的なのは、下の「ついたて」と、「ステータスボード」と呼ばれるボードです。

コードオブプリンセス2

●ゲームシステム
このゲームのメインは競り合いです。ついたてで隠した状態で、主な3種の戦闘用ステータスを割り振ります。いっせいにオープンにし、その割り振ったステータス毎の順位によって、各種カードを競り落とします。そのカードを駆使して、ポイントを稼いでいくゲームです。他人の割り振りをよんで、ギリギリ高く割り振り、順位をうまく調整するのがコツだと思います。これにより良いカードを競り落として勝利ポイントを稼ぐことができます。
そこに各種カードによる特殊効果が加わり、複雑さが増すことになります。
さて、その各種カードですが、残念なことに、3DSのゲームに使用された絵やゲーム画面の使いまわしで、西村キヌ先生のイラストも描きおろしはありません。属性などの情報の視認性もよくありません。、非常に残念な感じです。

コードオブプリンセス5



コードオブプリンセス4

そして、各プレイヤーの特殊能力を決めるキャラクターカード
コードオブプリンセス3
各プレイヤーが、ゲーム最初にランダムで手渡される特殊能力カードです。いろんなキャラクターがいて面白い能力を持っているキャラクターもいます。

●プレイ感想
さてプレイした感想ですが、残念ながら「微妙」という感じでした。初期に決めるキャラクターカードに明らかな強弱があって、「特殊能力を活かして戦おう!」という気にならなかったりします。(4人プレイだと能力がまったく役に立たないキャラクターもいます)

ステータス振りの読みあいによる、競りは楽しいのですが、賭け札の枚数が多く視認性が悪いため、全員でいちいち10枚以上のカードを読み上げないといけません。これはゲームのテンポを非常に悪くしてしまいました。

さて、上記内容は、まだ何とか遊び方でカバーできそうですが、一番致命的なのは、競り合いとカードパワーのバランスがよくないことだと思います。運要素が少なくシビアな競り合いに対して、カードパワーが強く、予期しない相手に効果を発揮することが多いため、理不尽さを感じることが多いです。これは好みがあると思いますので、あくまで感想ということで。
スポンサーサイト

| アナログゲーム | 02:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近遊んだゲームの紹介

最近、遊んだゲームの紹介を書き連ねます。後日レビューもしていこうとおもいます。

「ヴォーパルス」 
同人ゲームなのに凄い稼働率です。最近、周囲のプレイヤーのレベルが上がってきてナカナカ勝てない状態になってきております。そういえば先週のプレイで50点越えが出てびっくりしました。
空中庭園は無しでプレイしています。
(稼動回数:30回くらい?)

「キングオブトーキョー」
バカゲーです。あのリチャード・ガーフィールドのゲームデザインです。プレイヤーにバランスを投げっぱなしのところがMTGにつながる感じでしょうか?プレイ感覚が軽いのですが、遊ぶ人と人数を間違えるとしょんぼりなことになります。後日レビュー予定
(稼動回数:10回くらい)

「キングダム」
最近発売されましたが、ルールが簡単で遊びやすかったです。軽くプレイするといいゲームですが、きっちりやり始めると点数計算が少し長考を招いてしまう傾向があります。
後日レビュー予定
(稼動回数:5回ぐらい)

「ケルトカードゲーム」
ケルトボードゲームのカード版です。プレイ感がかるいのに、ジレンマが凄い含まれていて面白かったです。僕はかなり好きな部類のゲームでした。
(稼動回数:5回ぐらい)

「ダンジョンクエスト」
バカゲーの名に恥じない、バカゲーでした。ただルールが少し多い(こんな簡単なゲームでもルールが多すぎると感じるのが自分たちライトゲーマーだったりします)ので、ナカナカ遊んでもらえない状況でした。2回プレイしただけですが、すっごいバカゲーでおもしろかったです。同じ内容でもっとライトな感じなゲームがつくれないかなあ?と思ってしまいます。
(稼動回数:2回)

「ヘックメック」
少し前に手に入れたのでプレイ。ダイスゲームとしては楽しい。すっごい軽い感じでプレイ感も軽い。もう少しジレンマが含まれているとよかったかも?
(稼動回数:10回くらい)

「王への誓願」
ダイスゲームが好評だったので、調子にのって買った一作。思ったよりも悩むゲームでしたのでプレイ感は軽くなかったですがとても楽しかったです。コストと能力の把握が少しわかりにくかったため、2回目のプレイのほうがスムーズに出来ました。プレイ感がドミニオンに非常に近いイメージでした。キャラクター(?)カードをプレイごとに選べるようにもっと種類を出したりするとデッキビルドゲームに近くなりそう
(稼動回数:3回)

「チケットトゥライド ヨーロッパ」
名作中の名作ということで、結構稼働率の高いゲームです。運と戦術がうまいぐらいまざっていますが、なにより線路を引くのが楽しいです。こういったギミックの楽しさってボードゲームには重要ですよね
(稼働率:10回くらい)

てな感じで、軽いゲームを延々遊んでいます。自分はもう少し重めのゲームが遊びたいのですが、やっぱりみんなで遊ぶには、インスト少な目、長考の少なめ、運要素たっぷりのほうが遊びやすい傾向です。

上記のゲームを含めて、遊んだゲームのレビューと、今回作ってきたゲームの製作過程を紹介していこうと思います。

| アナログゲーム | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームマーケット2011秋 戦利品

ゲームマーケットから1週間たちましたが、戦利品を公開です。

戦利品

左上から
マジョリティ2
 イラストがかわいく、黒の使い方がいい感じです。ゲームデザインも2人用ドラフトという事で、とても興味があります。プレイが楽しみです。
ククカード
 クラッシックなゲームですので、とりあえず持っておきたい一品という事で購入。
スタンプス
 競りゲームの有名ゲームモダンアートの日本版という事で購入。モダンアートは遊んだ事無いので、プレイが楽しみです。コンポーネントもこっててお気に入りです。イベント購入では風呂敷(プレイマット?)付でさらにお得でした。
チルノの算数教室
ノイの東方2次創作です。ルールもわかりやすく、軽いゲームデザイン、2次創作なので、導入用ゲームという事で1つ購入させていただきました。
ヴォーパルス
今回の目玉です。ドラフトゲームですが、同人ゲームとは思えないコンポーネントの完成度です。
9ツアーズ
こちらはソンタナオリジナルゲーム優勝作品というカードゲームです。タイのツアーをテーマとしたカードゲームです。こちらもゲームシステムがよさそうな感じでプレイが楽しみです。
託卵
こちらは、カードのイラストがこっていたので購入。どのカードも日本画が綺麗に描かれています。イラストや写真を使ったカードゲームは多いですが、日本画をテーマにしたゲームは珍しいですね。

この他に、オーディションマスター(アイドルマスターカードゲーム)魔女ハンターパニック(魔法少女マドカマギカカードゲーム)を入手しましたが、これは友人宅に…
いずれのゲームもプレイが楽しみです。全部遊びきるのはかなりかかりそうですが、是非全部遊び倒したいものです。

| アナログゲーム | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌ

さて、先日カルカソンヌでお気に入りのドラゴンのゲームとアバウトなことを書きましたが正式には「カルカソンヌ追加キットⅤ -王女とドラゴン」という追加キットです。
これは、ドラゴンがうろうろ歩き回って配下をドンドン排除してってしまうという要素と、その開いたエリアにワープして配下をセットできるというチップが追加されていて、如何にドラゴンを操るかが大きな要素になるのですが、ドラゴンはプレイヤー全員が一歩ずつ動かすルールなので、全員の思惑がバラバラでウロウロとあっちこっちに移動するのが非常に面白いです。
一方このドラゴンから配下を守る妖精というコマがあってこれを取り合うのも熱い攻防にになります。通常のカルカソンヌでは、引いたチップによってはやることが無い、ただ、チップを配置するだけというターンが、どうしてもできてしまいますが、妖精がいることで、ひとつやる事が増えて楽しいです。
通常のカルカソンヌを十分やりつくしたって人には非常にお勧めなエキスパンションです。

同じエキスパンションに同封されている追加要素の王女のチップは・・・微妙に印象が薄いですね。やっぱりコマが入っていて色々動かせるほうが印象深くて楽しい感じです。コンポーネントの重要性を感じたりしました。

| アナログゲーム | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームで遊んだ記事

ここのところ、新しいゲームデザインをやりながら毎週アナログゲームを
4から5人ぐらいであそんでました。
最近のヒット作 カルカソンヌ(いまさらか!!)で
全エキスパンションを次々とプレイするという暴力的な遊び方をしてみました。
カルカソンヌは基本セットだけでプレイしても十分面白いのですが
エキスパンション毎にぜんぜん違った味付けになって面白かったです。
いずれのエキスパンションも、デザイナーの狙いが明確になってて
感心させられました。

自分のお気に入りは、ドラゴンの暴れまわるやつです。
思うように動かないドラゴンがうろうろしているのが、かわいいですねえ。
ドラゴンの動かし方に失敗して自分の配下を殺してしまった時は
ショックが大きいですが、トッププレイヤー(と思われる)のコマ、特に
平原に寝ているやつをやっつけた時は、場が動いてたのしいです。

そんなわけで、このブログにも少しづつ、自分の遊んでいるアナログゲームの
感想なんかも載せていこうかとおもいます。

| アナログゲーム | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。