「サモン&ドラゴン」と「まど☆マギオン」と「リリカリオン」

同人カードゲーム「サモン&ドラゴン」「まど☆マギオン」「リリカリオン」のオフィシャルページです

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌ 拡張レビュー

カルカソンヌ 拡張11 橋とバザール
拡張セット11です。今回の拡張の追加要素は3つです。

追加要素1・橋
道を空中でつないでしまう橋を2つずつ使うことができるようになります。これにより、本来つながらない草原がつながりやすくなり、平地の取り合いが熱くなります。

追加要素2・城
都市を城に発展させることにより、その周囲で得点計算が行われた時に、1度だけ一緒に点数を得ることができます。大きな都市の周辺で、城を作ることで点数を相乗り、もしくは倍化する事ができます。この効果は一度だけなので、相手の城の周辺で少ない点数を取ることで、この城の効果を最小限にすることができます。このやり取りが、熱い要素になります。

追加要素3・バザール
バザールの描かれているタイルが追加されます。このタイルを引いて配置すると、さらにタイルを人数分引いて、それを競りに出すことになります。入札は勝利点(ポイント)です。

自分の評価 6点/10点満点中
いずれの要素も楽しいのですが、それぞれの要素がバラバラで、絡み合うことがありません。橋は効果がわかりにくく、効果と使用する際のメリットを説明しないと、始めて使う人は使いどころがわからないまま、終わってしまうかもしれません。
城は結構わかりやすい効果で、邪魔をしたり連鎖を作ったりすることができます。この攻防が熱いです。
バザールは面白い効果で、自分の点数とタイルを天秤にかけることで、カルカソンヌには無い競りの要素がゲームに組み込まれることになります。この動きはなかなかいいのですが、カルカソンヌの基本的な要素とはまったく絡みが無いので、「得点をいくら払うか?」「タイルの価値は?」「他の人は?」という部分が考慮の点になります。初心者には点数付けが難しいので、競りを楽しみたいなら、他の競りゲームを遊んだほうがいいかもしれません。
スポンサーサイト

| カルカソンヌ | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌ 拡張レビュー

カルカソンヌ 拡張10 カタパルト
今回の追加キットはネタ拡張キットです。追加要素は1つカタパルトです。
テーマはカーニバルで、楽しい雰囲気ですが、カルカソンヌにアクション要素を取り入れた無理やりなネタです。木でできたカタパルトが一つ入ってますが、耐久性が怪しく、非常に不安定な物なので真剣にゲームに取り入れようという気にならないです。
カーニバルが描かれたタイルを引いた人は、カタパルトでチップを飛ばして、配下にぶつけたり、キャッチしたり、4つの遊び方を選択できます。チップの飛ばし方のルールもアバウトで、どこに飛んでいくかもわからないのでネタ拡張と割り切って遊ぶのがよいかと思います。

自分の評価 3点/10点満点中
自分はアクション要素の入ったボードゲームは好みで無いので、基本的に点数が低くなります。加えてカタパルトの作りが雑で、それを使うためのルールも雑です。製作者側もネタアイテムとして作ったものと思えます。ファンアイテムとして、しょーもないなあと笑いながら遊ぶのが楽しいかんじですが、ゲームとしてはいまいち名感じです。追加要素がカルカソンヌ自体の遊びとかけ離れてるのと同時に、元のゲームルールと絡むところが無く、いい加減な感じさえうけるゲームデザインです。というわけで3点です。

| カルカソンヌ | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌ 拡張レビュー

カルカソンヌ追加キット9 王と盗賊
今回の追加キットも大きく4つの要素があります。

追加要素1 王様タイル&盗賊タイル
王様タイルと盗賊タイルです。それぞれ最大の都市と道を完成させたプレイヤーに与えられます。
ゲームエンド時に完成した都市と道の分、点数が与えられます。

追加要素2 礼拝所
異教徒の修道院という設定で、他人の修道院とくっつけることにより、どちらが早く完成するかレースを仕掛けられます。先に完成したほうが点数を得られますが、負けたほうは点数を得られなくなります。修道院とくっつけなければ、普通の修道院と同じ扱いです。

追加要素3 カルカソンヌ王城
最初に王城を作ります(3X4のタイルの城)。スターとタイルを使用しません。その為いろんな所からはじめられます。それに加え、王城から、配下コマを本来置けないところに追加配置したり、それを防いだりするギミックが追加されます。

追加要素4 川
スタートタイルの代わりに、川をつくりそれから開始をします。複雑な地形がスタート地形となり、いろんな配置要素が考えられるようになります。

自分の評価5点/10点満点中
王様と盗賊タイルはお気に入りです。最大都市と道を完成させた人に与えられるので、かなり運要素が強くなり初心者でも勝てる要素が増えます。ながーい道を作る楽しみも増えます。
礼拝所は微妙です。おいてある修道院に対しレースを仕掛けられますが、当然先に置いてある方が有利です。不利な戦いを挑むために配下コマを浪費する事にはなかなかなりません。結果微妙に使用されないギミックになりました。
王城はルールが非常にわかりにくく、うまく使える人とわからないままゲームを進める人とに別れてしまいました。最初のタイルを使用しないプレイはいつもの感じと違って楽しいのですが、そういう意味では追加要素「川」のほうがよくできているので、そちらで遊んだほうがいいと思います。
追加要素「川」はお気に入りです。単純に最初の配置要素が広がるだけでなく平地の分割があちこちでできたりして、色々地形の複雑さがまして面白い形状になります。

追加要素4つのうち2つがお気に入り、2つが微妙ということで5点としました。

| カルカソンヌ | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌ 拡張レビュー

カルカソンヌ追加キット8 修道院と市長
今回の追加キットの追加要素は4つです。

追加要素1 市長のコマ
このコマは都市におくと、その都市の紋章の数と同じ数の配下をおいたことになります。大きな都市の取り合いのときに切り札になります。全員1つずつ配られるので使いどころに悩みます。

追加要素2 車コマ
このコマも全員に1つずつ配られます。このコマは占領している場所が完成すると、隣接するエリアへ移動することができます。道を完成させることが楽しくなってとっても気に入りました。

追加要素3 大農場
これも全員に1つずつ配られる追加コマです。草原を占有できるコマです。すでに配置されている配下を除去して独占できます。ただし、その時点での草原の点数が除去した配下分相手に入ることになります。おける場所に制限があり、他の大農場が無く、草原のタイルが4枚角地になっている場所に配置します。(言葉だと説明しにくいな…)

追加要素4 閉じた修道院
全員に配られる追加タイルです。4方向が埋められた穴になったような部分にしか配置できません。周りの絵とのつながりが無くても配置できます。この修道院で埋める事によって、都市や道が閉じられると完成したことになります。

自分の評価 7点/10点満点中
市長のコマは、都市の取り合いが熱く、わかりやすい効果なので、初心者でも都市の取り合いに参加できて楽しいコマです。車コマも、なかなか配下を置くのに躊躇する道にコマを置きやすくなり、細かな点数をドンドンとりたくなります。これもいい感じです。市長コマも車コマも、通常の配下に追加されるので配下不足になりにくく、初心者にやさしい感じです。
閉じた修道院も、失敗した都市(周りを道で邪魔されて完成させれなくなった都市)等をリカバリーできて逆転要素や初心者に優しい要素になり、自分としては好感触です。他人の都市を邪魔しにくくなるため、慣れた人のセオリーが通じにくい感じです。

問題は、大農場です。これは、最初に大農場をおく事ができた人がほぼ優先的に平原を占有することになってしまいます。4方向が平地でさらに他の人に占有されていない平原というのは、1ゲーム中1、2箇所しかありません。4人ぐらいで遊ぶと2人しか大農場を使えなかったり、使って占有した人が平地分の点数差で勝つことが多くなり、中盤ぐらいで、消化試合になってしまう事があります。

大農場以外の追加要素は、ゲームのセオリーを変更し楽しい要素を増やすことに役立ちます。さらに初心者にも、使いやすい追加要素ではないでしょうか。そういう意味で、好感触な追加セットなのですが、大農場についてはかなりマイナスなのであわせて7点です。大農場なしで、他の要素を入れて遊ぶ事をお勧めします。

| カルカソンヌ | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌ 拡張レビュー

カルカソンヌ 追加キットレビューです。こんなことしてる間に新しいゲーム作成を進めないといけないんだけどせっかく書き始めたので遊んだキットは全部レビュー予定です。

カルカソンヌ追加キット7 塔

今回の追加要素は主に2つです。塔による配下の取り合いと塔の組み立て型のチップ置き場です。

追加要素・1
塔の描いてあるタイルと、塔のコマです。塔のタイルには塔を立てることができます(塔のコマを置くことができる)。塔を建てるとその十字方向の配下は捕らえられてしまいます。捕らえた配下は塔を立てた人の捕虜となり、使用できなくなります。相手の配下を捕虜にしていればお互いにトレードできますが、そうでないと死にコマになってしまいます。塔はだれでも自分の手番に高くすることができる(塔のコマを上にのせる)のでドンドン配下が取られていってしまいます。それを防ぐ方法があるのです。自分の配下を塔の上に置く事で、塔をそれ以上高くすることを防ぐことができます。

追加要素・2
塔の組み立てキット。これはタイルを塔の内部に並べて、ここからタイルを取るようにできます。早い話がタイル置き場です。

自己評価 4点/10点満点中

基本的に配下コマが足りなくなる追加キットです。塔により配下コマが捕虜になり、うまくやらないとすぐに配下コマがなくなってしまいます。捕虜にされないよう塔を建てるのを防ぐにも配下コマを消費しないといけないのでコマのやりくりが厳しいです。加えて、塔の近くに配下を配置しないように考える要素が増えるので、ダウンタイムが長くなります。どちらかというと上級者向けのゲーム展開になります。
カルカソンヌのホノボノした雰囲気からギスギス感がでてきて、実はあんまり好きではない追加要素でした。

塔の組み立てキットはタイル置き場です。あまり意味がありません。袋をプレイヤーで回しながら遊んでいたのでタイル置き場は使いにくかったです。場所が固定されてしまうので、タイル置き場の塔から遠いプレイヤーからとりにくいし残念なつくりでした。それにあわせて、パッケージの写真の塔の上に配下が乗っけられてるのがw詐欺くさいです。実際にはそんな使い方は一切なく、タイル置き場の塔の上に配下をおいて遊べるギミックを期待した自分としては残念でした。

| カルカソンヌ | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。