「サモン&ドラゴン」と「まど☆マギオン」と「リリカリオン」

同人カードゲーム「サモン&ドラゴン」「まど☆マギオン」「リリカリオン」のオフィシャルページです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マジョリティ2「同人カードゲーム」れびゅー

今回は、先日のゲームマーケットで手に入れてきた同人ゲームのレビューです。
とはいっても、感想文レベルなので、参考程度に…
最初にプレイしたのは「操られ人形館」マジョリティ2。2人用のドラフトゲーム(?)です。対戦相手は友人と友人宅で遊ばせてもらいました。

1つの手札を共有し、かわりばんこに、その手札からキャラクターをプレイしていきます。最終的にキャラクターのポイントが高いほうが勝ちというゲームです。
(ざっくりしすぎですが、ゲーム詳細は是非、紹介動画や紹介ページで、それよりも手に入れて遊んでみてください!)
簡易版のプレイ動画
紹介記事

マジョリティ01

●まず、コンポーネントです。
箱はしっかりしていてシンプルなデザイン。イラストレーターの墨っぽいイラストがかわいくてお気に入りです。必要なチップやカウンターなども全て入っていて、完成された感じがします。カードは、少し薄くてペラペラしますがプレイにはまったく問題ないです。角丸が取ってないのでスリーブとかに入れると良いかも。ルールブックはフルカラーですが、ルールが変則なのでルール把握が少し難しかったです。ルール把握のために一回遊んでみればすぐわかるシンプルさだと思います。

●ゲーム内容について
ゲームはとても面白かったです。特殊能力の使用タイミングと、ドラフト独特の相手の手の読みあい、ハンドマネージメント、コストマネージメント、多くの要素が入っていて、とても悩ましくて楽しいです。強い特殊能力を使用するためには、できる限り、同じ色のキャラクターたちを集めたほうが強いのですが、当然相手も邪魔してきます。この辺りのジレンマが秀逸でした。
コスト支払い能力に差がついてしまうと逆転が難しくなってしまうのが少し好みの分かれるところかな?(それでも差がつくころにはゲーム終了が近いバランスになっているのでいい感じ)
プレイした友人と話したところでは、あのバトルラインより面白い!という感想でした。

●気になる点
しかし、プレイをしていて、いくつか気になる点があったのでメモ程度に。(あまり参考にはならないかも)
ドラフトゲームですが、手札が1つ(2人で使いまわす)ため、ダウンタイムが長く感じます。特に手札を見れないため、(相手へ行ってしまっている)カードを見て次の一手を考えにくく、余計にダウンタイムが長く感じました。特に最初のプレイは各カードの特殊能力を確認しながらになるので、2人用ゲームのわりにそう感じてしまうところがありました。
このシステムで手札を2つにしたら結構簡単に解消できそう、自作したりバリアントルールを作ってみたいかも。
あとはカードデザイン、各数値の記載位置です。一番大事なカードプレイのコストが右上です、手札が多くなりがちで、扇のように持ったときにコストが見えず、最終勝利点の数値も見えません。

あとは、もう少しプレイしてみないとって感じがありますが、各色の使いやすさ(?)強さのバランスに結構差がありそう。まあドラフトなのでそこも読みあい取り合いですが。

筆者お気に入りの(イラストも能力も)魔女軍団
マジョリティ02

| 同人ゲームレビュー | 15:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tomoaki1.blog70.fc2.com/tb.php/39-22960b22

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。