「サモン&ドラゴン」と「まど☆マギオン」と「リリカリオン」

同人カードゲーム「サモン&ドラゴン」「まど☆マギオン」「リリカリオン」のオフィシャルページです

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌ 拡張レビュー

引き続きカルカソンヌの拡張セットの遊んだ感想文(レビュー)です。

カルカソンヌ追加キット5 王女とドラゴン
いまいち、カルカソンヌの追加キットはナンバリングが怪しくて発売順?絶版も有るようで、なぜかナンバリング5の「王女とドラゴン」3番目にあそんだ追加キットです。

今回の追加要素は、すでに数日前の記事に書いてしまいましたが…

追加要素1・ドラゴン
大型のドラゴンコマが入ってます。火山マークのついたタイルを配置することで現れて、ドラゴンマークのついたチップを配置する事で動き出すルールです。ドラゴンマークのついたタイルを配置した時に一人1歩ずつドラゴンを移動させることができます。ドラゴンが進んだ所にいた配下コマは手元に戻されます。

追加要素2・妖精
追加要素2は妖精のコマが1つ入っています。妖精は自分の配下コマのいる所に配置できます。この妖精コマがいる所にはドラゴンが入ってこれません。自分の配下コマを守るのに有効な手段です。さらに妖精コマを自分の配下コマのところに1ターン置いて占有する事で1点の勝利点を得られます。
ただし、だれでも妖精コマを自分の配下コマへ移動ができるのでナカナカ占有する事はできません。
しかも妖精コマを移動させると自分の配下の設置ができないルールです。これがナカナカいいバランスです。配下を設置するか妖精を移動してドラゴンから守るかは、楽しい選択肢が増えた感じです。

追加要素3・ワープタイル
ワープマークが描かれたタイルを配置する事で、現在誰かに占有されていない、空いた都市や道、草原へ配下を送り込むことができます。

追加要素4・王女の描かれたタイル
王女か描かれたタイルは都市が描かれています。このタイルを都市につなげるとその都市の配下コマはすべて除去することができます。ただし、その時に自分の配下コマをその都市におくことができません。

自分の評価 9点/10点満点中
ドラゴン・妖精・ワープタイルの追加要素が良い相互作用でとても楽しいです。ドラゴンがウロウロする姿もコマもすごくいいです。ファンタジーな感じも好みです。王女の要素は、ワープタイルと相互作用がありますが、他のコマ排除には、あまり使う気が起きません。何せ自分のコマが置けないし、その後ワープタイルが引けるかわからないし、トップを邪魔するには使えますが自分が一手失うことになり、あまり積極的に使う気になりません。それでもドラゴン・妖精・ワープのルールが十分魅力的で、とてもお勧めのキットです。

| カルカソンヌ | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌ 拡張レビュー

カルカソンヌは散々あちこちでレビューされているので、自分なりの遊んだ感想になりますが順番に紹介していこうと思います。

まずは、追加キット1
拡張セット1には、大きく3つの追加内容がありますのでひとつずつ紹介です。

追加要素1・プレイヤー用コマ(6人目用)
これはあんまり意味無かったなー。ダウンタイムが結構長いカルカソンヌを6人であそぼうってなかなか思わない。色も灰色じゃなくて、もっときれいな色だったら、気分を変えて選んでみようとかあるんだけど残念

追加要素2・道の宿と都市内の聖堂のタイル
それぞれ道、都市の点数を伸ばす効果がありますが、完成しないと終了時に点数がもらえなくなります。
博打性があがりますが、あまり派手な動きはしません。

追加要素3・大型コマ
ひとつのコマで、2人分の占有力(?)をもつ強いコマです。都市や平原を占有するときに力を発揮します。取り合いの要素がさらに熱く読みにくくなります。

自分の評価 5点/10点満点中
全体的に博打要素が増え、成功すれば点数が伸びますが、成功者と失敗者の差が開きやすくなります。
考える要素も一気に増えますので、スタンダードゲームに慣れた人にお勧めです。
都市の取り合いや、平原の取り合いを推奨というゲームデザインになるのでプレイに慣れていない人がいる時にはお勧めしません。
可も不可もなくです。まっとうな方向性で拡張してるので、これはこれでありだと思います。
追加タイルが少なく6人目用の追加用の分必要なかったので、割高感があり少し減点。




追加キット2 商人と建築士
追加キット2も、大きく3つの追加内容があります。

追加要素1・特産品のある都市
特産品マークの入った都市タイルと特産品チップが追加されます。特産品は布、小麦、樽の3種類です。特産品の入ったマークが書かれた都市を完成させると、完成させた人に、特産品チップが与えられます。最後に各特産品チップを一番多く持っていた人に+10点与えられます。

追加要素2・ブタコマ
ブタコマは自分の占有している草原へおくことができます。草原の点数が都市1つにつき3点が4点になります。

追加要素3・建築士コマ
道におく事ができます。建築士の置いてある道を伸ばすとさらにもう一回タイルを引いて手番を行うことができます。

おまけ、カルカソンヌのロゴ入り袋、タイルを入れておく袋がはいってます。


自分の評価 7点/10点満点中
この拡張セット1つで都市、平原、道でそれぞれ楽しみが増えます。自分が気に入ったのは建築士コマです。全体的に軽視されがちな道を拡張することでもう一回手番を楽しめるのは、点数にかかわらず道を作ってしまいたくなります。
都市の特産品ルールも、都市の占有とは関係なしに、都市を完成させた人がもらえるので、あまり考え込まずに遊べます。最終的には特産品3つ分、各10点ずつを合計するので、平原以外でも逆転要素(?)があり、適当にプレイしても、もしかして勝てるかも感があります。
拡張1よりも、プレイ感覚が軽い感じで、先にこっちで遊んだほうがいいかもしれません。お勧めの拡張セットです。
おまけで入ってるカルカソンヌロゴ入り袋は、タイルを入れて遊ぶには少し小さい感じで使いにくかったので、ちょっと残念でしたwもともと、100円均一で買ってきた袋を使って遊んでたので…

こんなかんじで、カルカソンヌ追加拡張セットをレビューしてきます。というか感想文ですね、こりゃw

| カルカソンヌ | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルカソンヌのプレイ方針 攻略?なのかな

カルカソンヌを色々遊んでみて自分の勝利へのルーチンみたいなのがだんだんできてきたのでツラツラと書きなぐってみようかと思い立ちました。
当然、エキスパンションや面子次第で毎回うまくいくわけじゃないですが、方針通りに事が運べばいい点数が取れると思います。ちなみに自分たちは4人か5人で遊ぶことが多いです。

1・協力プレイ推奨
ここでいう協力プレイとは、都市を作るときの相乗りの事を言っています。
都市は一人で作るよりも2人、3人で作ったほうが当然大きくなり、点数が伸びます。当然のことながら、誰かが独占する危険性があるのですが、それはそれ。独占は協力プレイを行ってる人のみに権利があるので、基本的に、都市を作るときは相乗りもしくは、協力を申し出るのが点数が伸びます。
勝利者は一人なので出し抜く必要や、タイルの引き運は必要ですが、ベースとなる都市の点数を伸ばしておくのは必須ともいえます。誰かが、都市を作り始めたら、そこにくっつかないような1マス離れた場所に都市を置いて配下をおいておくのが一番手っ取り早い方法です。独自に都市を大きくするのではなく、他の人と協力するのが基本戦略になります。

2・早い段階での平原の占拠
1、2順目で平原を占拠するのは非常に重要な戦略です。最終的な平原の点数は非常に大きなものになります。これは先見の明というか戦略性が重要ですが、自分の平原にできるだけ都市を作るよう、作りやすくするように場を制御することも重要です。

3・道タイルは平原を取り合うための物
道しか絵が無いタイルは道を伸ばすことを重要視するのではなく、平原を取り合うための物としてみます。
つながってない狭い平原へ配下を置いて、平原をつなげて平原配置の配下を増やすことに使います。道の点数はあまり高くはなりません。配下をずーっと道を伸ばすために配置しておくより、都市の取り合いや平原の取り合いに使用して高得点を狙ったほうが、点数は伸びるでしょう。

4・道タイルは相手の都市作成を邪魔する物
3番と同時に道タイルは相手の都市の周りにおいて都市完成を妨げるのに使います。
最初ゲームをすると道は都市や修道院に比べると残念なタイルに思えますが、他人の手を止めたり、最大点数元になりうる平原を取り合うための熱いタイルです。道を引いたときが勝負所のゲームも結構あります。

5・配下のマネージメント
手元に配下を一人残して、あとは点数につながるよう配置をし、回収しながらすぐに配置できるよう配下をマネージメントできるのがベストだとおもってます。あまってもだめだし、手元に0だとどんなチャンスがくるかわからないです。配下0で修道院を引くと泣けてきます。
手元の配下が少ない時は、できるだけ細かな点数でも回収しつつ手元の配下を維持するのが重要です。


とザックリ自分がカルカソンヌで遊ぶときの指針を書いてみました。遊んだことがある人なら当たり前じゃんって言われそうなことですが…あんまり深い所まではきにしない~って感じです。
とりあえずは、思うがままに書き連ねです。

| カルカソンヌ | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。